メッセージ

昭和49年製薬メーカーに入社。吸収合併を繰り返す業界の中で、顧客とwin-winの関係性を確立したMRとして実績を出し、兵庫県の営業所長や中国地方5県の全ての営業所長をマネジメントするスーパーバイザーなども歴任。また、本社勤務として製品を育てるプロダクトマネージメント部や医療機器部にも所属し、医療業界に定年まで勤め上げた。

地域密着型で堅実に業績を伸ばしてきました

設立した平成10年から、地域の患者様から信頼され、患者様の支えとなり愛される薬局となるよう、提供する質にこだわりながら社員一丸となって事業を運営し、小規模薬局としては異例の年間売上約20億の安定した業績を出すことができております。
これは、設立から約6年が経過した平成16年頃に、今後、調剤薬局に求められるであろう「地域包括ケアシステム」にいち早く目をつけ、外来にこられた患者様への外来投薬に加え、地域の介護施設への配薬と在宅の患者様への配薬を行い、信頼を得てきた結果です。
施設や在宅への配薬といっても単純にお薬を持っていくだけではありません。各介護施設、その入居者様、在宅の患者様、それぞれにお薬の管理方法や配薬方法に関しての要望が全く異なります。当初は異なったニーズに合わせていくのに大変苦労しましたが、社員全員が意見を出し合うことで、少しずつノウハウを蓄積し、今では、当社の薬の管理方法の提案と、至急薬の迅速な対応を高く評価していただくようになりました。これが私達の強みである「アベニール式地域包括ケアシステム」です。現在では、東大阪・八尾地域で14の施設様と300名を越える在宅患者様と安定したお取り引きを頂いております。

従業員とその家族の生活を守るのが1番の私の使命です

私が経営者としていつも大切にしているのは、縁あって当社に入社してくれた従業員とその家族の生活を守ることです。そのために売上があり、利益を上げるという目的があると考えています。そして、利益を上げるためには社会で求められるような存在価値の高い企業でないといけません。存在価値の高い企業となるためには、経営者含めた社員全員が変化の激しい医療業界の動向を知った上で、どう対応するかを常に考えながら介護施設や看護士、介護スタッフとの連携をはかることが必要です。今後も私達の強みである「アベニール式の地域包括ケアシステム」をどう強化していくかを社員や患者様の目線で考え、従業員とその家族の生活を守る堅実な経営者であり続けたいと思います。